2007年01月20日

☆手術します☆

ここに登場してませんが 時々話しに出ていたイヌ(パグ)のルカ。

今年15歳になる高齢犬です。

若い頃から膀胱結石を患っていて 2004年に膀胱の手術をしました。

これでもう一生大丈夫かな??と考えていたのですが 甘かったです・・。

最近又おしっこの調子が悪くなり 動物病院へ・・病院

レントゲンには膀胱にも尿道にも小さな石がたくさん写ってましたもうやだ〜(悲しい顔)

獣医さんと相談のうえ 21日に手術決定しました。

療法食をずっと食べていたのに あんまり効果がなかったのですね犬(泣)

高齢犬の手術・・ということで 獣医さんからは

もしもの時の覚悟はしておいてください・・と言われました。



・・・・ということで 今日はいつものブログのように

ネコたちの写真をアップする気になれないので日記だけにさせてください。

手術の結果は又ご報告させていただきます。



rain nekosirocya.bmp




ニックネーム さくら at 00:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ルカちゃん、手術の成功お祈りしています
かなりの高齢犬さんでパグという犬種、
麻酔の管理も難しそうですが…
頑張れ、ルカちゃん!!!
元気になって『ルカが行く!』に登場してね
Posted by ままま at 2007年01月20日 01:37
ルカちゃん、15歳だったんですね〜

高齢になると、何をするのも慎重にするよう・・・
私も、獣医さんから言われてます。

18歳猫ハッピーも、胸水を抜く時・・・
覚悟するように言われました。
すごく悩みましたが、ハッピーの生命力を信じて
決断しました。

さくらさんの心痛が、痛い程わかります。
無事に手術が終わるよう、祈ってます。

頑張れ!ルカちゃん!!
Posted by みかん at 2007年01月20日 19:36
ルカちゃん、手術が無事に済むようにお祈りしております。
高齢なだけに心配ですよね。でも選択肢がそれしかないのであれば、そしてそれが最善の方法なのであれば、後はルカちゃんの体力と運に賭けましょう。

実は私は自身が石ができやすい体質らしく、高校生の時に始まって今までで5回程尿道結石になってます。痛いのなんのって(涙)。幸いここ数年なってませんが。
お医者様が言うには、まだ石ができる原因って言うのは明確にはわかっていないらしいです。
体質、食事、ストレス、環境等、色々な事が混在してなるので、必ず治るという治療法がないんですよねぇ。はぁ〜・・・(ため息)

がんばれ、ルカちゃん!がんばれ、さくらさん!
Posted by ネコママ at 2007年01月20日 19:48
どもども!
ルカちゃん心配ですね。
治療食を食べてたのに再発するなんて、石が出来やすい体質なんですかね。。。
とりあえず、無事に手術が終わる事を祈ってます。
Posted by 猫バカ1番 at 2007年01月20日 20:18
おヒサです。
ルカちゃんの手術が成功してさくらさんとの素敵な時間がもっと一杯続きます様に。。。
心からエール贈ってます。
さくらさんも看護疲れで倒れたりしないでね。
Posted by いよだとばん&むう at 2007年01月21日 23:59
ほんと上手くいきますように祈ってます。
無事にルカちゃんの笑顔が見れますようにと!
Posted by さばトラ at 2007年01月22日 23:51
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/688155
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック